地震雲

「地震の前兆現象」の目撃情報をお寄せ下さい

スレッド NO.89131

9

2/13長野南部M4、2M3、3と烏

  • NO.89131
  • 愛知っ子zZDA1ZDFhND-Android
  • 2018年02月13日19:39
  • 編集・削除
地震前兆 No.89131

年明けくらいから静かだった烏
2/9の15:30ごろ久しぶりに3ターンは鳴いてた その日の19:30犬も高めの声で馬頭らしい鳴き方でした
2/13今朝の9:00ぐらいに烏が枯れたような鳴き声やや長め
(14:39長野南部M4、2の揺れ知らず)
15:50過ぎからフジテレビ系列を見てたら16:00過ぎた頃画面にノイズ
16:17長野南部M3、3の深度3の速報

以上もしかしたら前兆現象だった?でした
西三河の近所の烏や野鳥は御岳付近の中規模以上の揺れの電磁波の動きに反応しやすいようですが小さいときはナッシングもあるので絶対という前兆?ではないかと思います

添付画像は2/11の朝8時すぎ富士山珍しい雲だけど羊みたいなのもあるからと念の為に撮影したものです。。富士山ライブカメラより
本日の山梨県中・西部M2、3に関係してたのかはわかりませんが
富士山付近で地震が起こるときは強震モニタ地上,神奈川相模原付近で黄色が度々やや長くなる傾向のときも起こりやすいのかなと

(神奈川及び近県の皆さんも地震雲掲示版に先週投稿されてましたね)


> 富士山付近で地震が起こるときは強震モニタ地上,神奈川相模原付近で黄色が度々やや長くなる傾向のときも起こりやすいのかなと
>

 富士五湖震源の時、ダイレクトに来た地域とそうじゃなかったところもあるんで。…前兆として使えるかは不明ですね…。

〉土鳩が地面に降りてる

雲板で やみくもさんが指摘してたこと、相模原でも見かけますが、前兆と言えるほどの異様さは感じません。スーパーの立体駐車場とかで、鳩、降りてて ひきそうになったの 私も三回ほどありました。

うーん。
鳩、どうしたんだろ?

> 年明けくらいから静かだった烏
> 2/9の15:30ごろ久しぶりに3ターンは鳴いてた その日の19:30犬も高めの声で馬頭らしい鳴き方でした
> 2/13今朝の9:00ぐらいに烏が枯れたような鳴き声やや長め
> (14:39長野南部M4、2の揺れ知らず)
> 15:50過ぎからフジテレビ系列を見てたら16:00過ぎた頃画面にノイズ
> 16:17長野南部M3、3の深度3の速報
>
> 以上もしかしたら前兆現象だった?でした
> 西三河の近所の烏や野鳥は御岳付近の中規模以上の揺れの電磁波の動きに反応しやすいようですが小さいときはナッシングもあるので絶対という前兆?ではないかと思います
>
> 添付画像は2/11の朝8時すぎ富士山珍しい雲だけど羊みたいなのもあるからと念の為に撮影したものです。。富士山ライブカメラより
> 本日の山梨県中・西部M2、3に関係してたのかはわかりませんが
> 富士山付近で地震が起こるときは強震モニタ地上,神奈川相模原付近で黄色が度々やや長くなる傾向のときも起こりやすいのかなと
>
> (神奈川及び近県の皆さんも地震雲掲示版に先週投稿されてましたね)
踏んだへー

  • NO.89243
  • 青森K◆4rFr4kVbhdyMiMzNjNGQxZD-PC
  • 2018年02月15日19:55
  • 編集・削除

>>89210 Brown-Floorさん

> 運営者から削除されたようなので、再掲しておく
>
> 賢明な読者諸氏におかれては、どんな内容の投稿が
>
> ・削除されたか、
> ・削除されずに残っているか、
>
> を注意深く追跡してみることをおすすめする
> (トカ氏のような「自分で削除するケース」を見分けるのは容易でないが)
>
> この掲示板の開設目的は、都市伝説にふりまわされる情報弱者を寄せ集めて広告収入で小遣い稼ぎをすることであって、「人の役に立つこと」や「地震予知の実用化」ではないことが読み取れるから、利用者各位はその旨承知の上で利用されるとよいだろう
>
> 〜〜〜
>
> 新人さんなら仕方ないが、貴殿ほどの常連さんがカラスの鳴き声ネタを投稿してくれるのであれば、最低でも
>
> ハシブトガラスなのか
> ハシボソガラスなのか
>
> 程度は書くべきだろう(その声の区別のしかた程度は知ってるだろうな)
>
> > 西三河の近所の烏や野鳥は御岳付近の中規模以上の揺れの電磁波の動きに反応しやすいようですが
>
> 思い込みだけで突っ走るのはやめておけ
> 生物が反応できるくらい高レベルな電磁波にもかかわらず、その機器測定事例が皆無な理由がどこにあるか、考えてみるといい
>
> > 富士山付近で地震が起こるときは強震モニタ地上,神奈川相模原付近で黄色が度々やや長くなる傾向のときも起こりやすいのかなと
>
> 傾向分析をしてないくせに、まるでしたかのような誤解を与えかねない下手くそな文法で作文するのは遠慮してもらいたいものだ
>
> 常連としての良識をわきまえたらどうだ?

全くそのとおりだと思います。

89210 Brown-Floorさん
いつも有り難うございます。残念ながら、削除されてしまったご意見を拝見できませんでしたが、 お腹立ちはごもっとも、と推察致しますが…反論するタイミング、とかもあるんじゃないでしょうか?

> > > 富士山付近で地震が起こるときは強震モニタ地上,神奈川相模原付近で黄色が度々やや長くなる傾向のときも起こりやすいのかなと
> >

愛知っ子さん

相模原台地在住のものとして、一言ご忠告いたします。

相模原は、愛知県と同じように、京浜工場地帯の一角を担い、生産ラインが海外に移ってからは、物流拠点として稼働しています。まず地図上で、どこら辺が、生活活動の振動を拾いやすいかご存じですか?

 また、地質学的にも違いがあります。根本で言えば、台地部分と扇状地部分です。

 市のハザードマップを閲覧したことは?
 興味を持っていただけたことは光栄ですが、在住者でも、なかなか「こういうときは、こう」と、言いづらい状況なのに、地中モニターの情報だけで、他地域の方から思い付き意見を出されると、失笑してしまうのが正直な気持ちです。

 確かに、富士山周辺の地震が伝わってきやすいのかな?と思える地域もありますが、それは南関東共通のことです。富士山も、この台地を作った、ひとつの要因ですし。

 フォッサマグナは、まだまだ専門家も研究途中なのですから。

 まずは、よく観察できる、愛知県の予兆研究に集中されては、いかがですか?

〉相模原付近で黄色が度々やや長くなる傾向…

現在の強震モニター覗いてきて、黄緑になりやすそうなところを推測しました。

うーん。おそらく、国道16号と県道129号が交差してるあたりだと思いますので、やはり 生活振動拾いやすいと思われます。

ただ、市のハザードマップも、緑区の横ライン警戒していて(相模川の扇状地も入る)見た目ドンピシャに感じたと思われます。

反論する方も 大雑把なため、ケンカしか生まないと思いますので、この件はここまでとします。失礼しましたm(__)m

  • NO.89299
  • Red-Stairs◆sVlWzWwXK5zwzOWZkMmEyMG-iPhone
  • 2018年02月16日12:05
  • 編集・削除

運営者から削除されたようなので、再掲しておく

賢明な読者諸氏におかれては、どんな内容の投稿が

・削除されたか、
・削除されずに残っているか、

を注意深く追跡してみることをおすすめする
(トカ氏のような「自分で削除するケース」を見分けるのは容易でないが)

この掲示板の開設目的は、都市伝説にふりまわされる情報弱者を寄せ集めて広告収入で小遣い稼ぎをすることであって、「人の役に立つこと」や「地震予知の実用化」ではないことが読み取れるから、利用者各位はその旨承知の上で利用されるとよいだろう

〜〜〜

> 89210 BrownFloorさん
> いつも有り難うございます。残念ながら、削除されてしまったご意見を拝見できませんでしたが、

このスレへの投稿は、別アプリで編集したものを貼り付けて投稿したものだから、何度でも同じ内容を再掲できる

> お腹立ちはごもっとも、と推察致しますが…

腹を立てているのではない

・地震に不安を抱く読者
・地震前兆や地震予知に関心のある読者

の中に

・使える材料と使えない材料
・使える考え方と使えない考え方

について正しい知識を持つ方々が一人でも増えることを願っているだけ

地震前兆や地震予知とは、言うまでもなく自然科学の一分野だから、その取り組みの本質は「既知/解明済」と「未知/未解明」の境界線の引き直し

つまり「現在の境界線はどこに引かれているか」の認識が全ての出発点

その認識の先に

・どんな経緯でそこに引かれたか
・その経緯に誤りや見落としはなかったた

つまり「継承すべきもの」「訂正すべきもの」「別の視点からの新発見」を根拠を揃えて仕分けるプロセスが、科学だ

新人さんならともかく、常連さんが口を開くなら、この程度の科学の基本を理解しておくべきだろう

「人それぞれ考え方は違う」
「押し付けはよくない」

という反論をよく見かけるが、それは

・使える(使えそうな)材料
・使える(使えそうな)考え方

の中からどれを選ぶか、という時に当てはまる話であって、すでに

・使えない材料
・使えない考え方

と明らかに判っていることには、決して当てはまらない

このスレ主、愛知っ子氏やおなじみトカ氏などの常連さんの何が問題かといえば、

自分の信じることだけに固執し、

・学びを拒む
・間違いを正すことを拒む
・客観視を拒む

ことで、逆に、地震前兆や地震予知の実用化(科学の発展)を妨げていることに気づけていないことだ

  • NO.89300
  • Red-Stairs◆sVlWzWwXK5zwzOWZkMmEyMG-iPhone
  • 2018年02月16日12:06
  • 編集・削除

運営者から削除されたようなので、再掲しておく

賢明な読者諸氏におかれては、どんな内容の投稿が

・削除されたか、
・削除されずに残っているか、

を注意深く追跡してみることをおすすめする
(トカ氏のような「自分で削除するケース」を見分けるのは容易でないが)

この掲示板の開設目的は、都市伝説にふりまわされる情報弱者を寄せ集めて広告収入で小遣い稼ぎをすることであって、「人の役に立つこと」や「地震予知の実用化」ではないことが読み取れるから、利用者各位はその旨承知の上で利用されるとよいだろう

〜〜〜

強震モニタでは、先の地震がけっして予測できない理由を以下に述べる

この先は長くなるから、時間のある時にゆっくり丁寧に読んで、しっかり理解していただきたい

強震モニタによって予測したり、的中の判断を下す対象を単に「地震」と呼ぶだけでは、被害とは無縁の微弱なクラスまで含まれて話が拡散するので、その規模について例えば
・「被害地震」クラスのみ
・最大震度○○以上のみ
・マグニチュード○○以上のみ
を対象にするなど、あらかじめ何らかの枠で一定の線引きを決めておいたほうがいい

我々一般民間人が地震予測情報を知りたい目的から考えると「被害地震」という切り口が実用的だろう

過去の被害地震は、気象庁WEBページで
ホーム > 各種データ・資料 > 日本付近で発生した主な被害地震(平成8年以降)
と辿ってゆけば、平成8年以降の期間に日本付近で発生した、人的被害を伴った地震のリストとして掲載されている。
https://goo.gl/XHt6fw

問題は、過去のこれら被害地震の発生を強震モニタの活発さで予測できた実績があったかどうか、だ
強震モニタのサービスがいつ始まったか知らないが、少なくとも2008年6月14日岩手・宮城内陸地震の時にはすでに稼働している

紹介したベージには、その後9年ぶん、約60回の「被害地震」がリストアップされているが、そのうち何件程度が「強震モニタの活発さ」で予測できたのだろうか?

その答えはゼロだ

なぜなら、被害地震は、強震モニタの活発さとは無関係に発生してきたからだ

被害地震は、強震モニタの点灯が活発な場所で空振りばかり繰り返す一方で、強震モニタでノーマークの部分に突然起きるということだ

(この点について異議があるだろうが、後で別の切り口でもう一度出てくるので、そこまで一旦保留してほしい)

当然、強震モニタで活発な場所に被害地震が起きたこともあるが、そこに偶然以上の有意差のある確率の高さが伴っておらず、それは予測手段としての実用性が全くないという意味だ

ここで、強震モニタとはどんなシステムなのか、おさらいしたい
強震モニタには「地中」と「地表」の2種類ある

■強震モニタ(地中)

強震モニタ(地中)とは、全国782箇所に、国立研究開発法人 防災科学技術研究所が設置したKiK-net(Kiban-Kyoshin Net:基盤強震観測網)の観測点と共に設置された高感度地震観測網(Hi-net)の観測点があり、その地下約100mの深さに設置された地震計が捉えた揺れを2秒ごとにその強さに応じて色分けして可視化したものだ

「強震モニタ(地中)の点灯」とは、「どこかですでに発生した地震の揺れをその観測点で捉えた実績」と同義であり、
「強震モニタ(地中)の点灯が活発」とは「その観測点では、地震の揺れを頻繁に捉えた実績」と同義だ

当該の観測点の点灯が、具体的にどの地震の揺れを拾っていたかを調べる方法として、以下2通りある

1)気象庁の「震源リスト」で知る方法
2)連続波形画像で知る方法

〜〜〜〜

1)気象庁の「震源リスト」で知る方法

気象庁WEBページで
ホーム > 各種データ・資料 > 震源リスト
と辿ってゆけば、ある一日に、日本で発生した無感地震を含めた全ての地震のリストが表示される
https://goo.gl/qRVXnk
毎日、何百回もの地震が記録されており、これが「強震モニタ(地中)の点灯」のほぼ実体だと思ってもらっていい

ただし、このリストが掲載されるのは、人の目でチェックして「確定値」になってからで約2日遅れとなる

確定前の速報値(15分遅れ程度)が見たければ、
http:/
/eq.ideeile.co
m/hr/
あたりを参照するのが良いだろう

〜〜〜〜

2)連続波形画像で知る方法

「連続波形画像」でググってもらえば、国立研究開発法人 防災科学技術研究所による、高感度地震観測網(Hi-net)の観測点(強震モニタに表示される点と同じ)の地震計が捉えた地震波形画像の公開ページが参照できる

この画像に記録された波形の幅の大小が「強震モニタ(地中)の点灯」の色の変化のほぼ実体だ

ただし波形画像の更新は1時間毎なので、直近すぎる時間帯は掲載まで待つ必要がある

■強震モニタ(地表)

「強震モニタ(地表)の点灯」とは、「その観測点の地表の揺れを捉えた」と同義であり、地中で発生した地震に加えて人間の経済活動などで発生する人工的な揺れを拾うため、都市部とそれ以外、日中と夜間、とで傾向が違っているのもご存知だろう

観測点は「強震モニタ(地中)」と同じ782箇所の地表部および、さらにこれに加えて、全国を約20kmメッシュで覆う1,000箇所以上の強震観測施設からなる強震観測網K-NET(Kyoshin Net:全国強震観測網)の強震計が捉えた揺れをその強さに応じて色分け可視化したものだ

つまり「強震モニタで地震を予測する試み」とは、

・気象庁の「震源リスト」で地震を予測する試み
・連続波形画像で地震を予測する試み

に等しいことが理解できただろう
だから、全く不可能な理由も理解できたはずだ

逆に、仮にもしそれが可能だとしてみよう

その場合は、防災科学技術研究所や気象庁のスーパーコンピューターが点灯色(揺れた強さ)だけでなく、地震波の波形も含めて大量のデータを解析した材料から予測してくれるから、我々素人が強震モニタを目視で監視したり、素人が予測を立てる必要などない、ってことになる

これは我々が先の天気を知りたい目的で、気象庁が地図上に表示/公開してくれている全国各地のアメダス観測データを眺めてそこから素人判断で予測する必要がない、ってのと同じ理屈だ

> 運営者から削除されたようなので、再掲しておく
>
> 賢明な読者諸氏におかれては、どんな内容の投稿が
>
> ・削除されたか、
> ・削除されずに残っているか、
>
> を注意深く追跡してみることをおすすめする
> (トカ氏のような「自分で削除するケース」を見分けるのは容易でないが)
>
> この掲示板の開設目的は、都市伝説にふりまわされる情報弱者を寄せ集めて広告収入で小遣い稼ぎをすることであって、「人の役に立つこと」や「地震予知の実用化」ではないことが読み取れるから、利用者各位はその旨承知の上で利用されるとよいだろう
>
> 〜〜〜
>
> 強震モニタでは、先の地震がけっして予測できない理由を以下に述べる
>
> この先は長くなるから、時間のある時にゆっくり丁寧に読んで、しっかり理解していただきたい
>
> 強震モニタによって予測したり、的中の判断を下す対象を単に「地震」と呼ぶだけでは、被害とは無縁の微弱なクラスまで含まれて話が拡散するので、その規模について例えば
> ・「被害地震」クラスのみ
> ・最大震度○○以上のみ
> ・マグニチュード○○以上のみ
> を対象にするなど、あらかじめ何らかの枠で一定の線引きを決めておいたほうがいい
>
> 我々一般民間人が地震予測情報を知りたい目的から考えると「被害地震」という切り口が実用的だろう
>
> 過去の被害地震は、気象庁WEBページで
> ホーム > 各種データ・資料 > 日本付近で発生した主な被害地震(平成8年以降)
> と辿ってゆけば、平成8年以降の期間に日本付近で発生した、人的被害を伴った地震のリストとして掲載されている。
> https://goo.gl/XHt6fw
>
> 問題は、過去のこれら被害地震の発生を強震モニタの活発さで予測できた実績があったかどうか、だ
> 強震モニタのサービスがいつ始まったか知らないが、少なくとも2008年6月14日岩手・宮城内陸地震の時にはすでに稼働している
>
> 紹介したベージには、その後9年ぶん、約60回の「被害地震」がリストアップされているが、そのうち何件程度が「強震モニタの活発さ」で予測できたのだろうか?
>
> その答えはゼロだ
>
> なぜなら、被害地震は、強震モニタの活発さとは無関係に発生してきたからだ
>
> 被害地震は、強震モニタの点灯が活発な場所で空振りばかり繰り返す一方で、強震モニタでノーマークの部分に突然起きるということだ
>
> (この点について異議があるだろうが、後で別の切り口でもう一度出てくるので、そこまで一旦保留してほしい)
>
> 当然、強震モニタで活発な場所に被害地震が起きたこともあるが、そこに偶然以上の有意差のある確率の高さが伴っておらず、それは予測手段としての実用性が全くないという意味だ
>
> ここで、強震モニタとはどんなシステムなのか、おさらいしたい
> 強震モニタには「地中」と「地表」の2種類ある
>
> ■強震モニタ(地中)
>
> 強震モニタ(地中)とは、全国782箇所に、国立研究開発法人 防災科学技術研究所が設置したKiK-net(Kiban-Kyoshin Net:基盤強震観測網)の観測点と共に設置された高感度地震観測網(Hi-net)の観測点があり、その地下約100mの深さに設置された地震計が捉えた揺れを2秒ごとにその強さに応じて色分けして可視化したものだ
>
> 「強震モニタ(地中)の点灯」とは、「どこかですでに発生した地震の揺れをその観測点で捉えた実績」と同義であり、
> 「強震モニタ(地中)の点灯が活発」とは「その観測点では、地震の揺れを頻繁に捉えた実績」と同義だ
>
> 当該の観測点の点灯が、具体的にどの地震の揺れを拾っていたかを調べる方法として、以下2通りある
>
> 1)気象庁の「震源リスト」で知る方法
> 2)連続波形画像で知る方法
>
> 〜〜〜〜
>
> 1)気象庁の「震源リスト」で知る方法
>
> 気象庁WEBページで
> ホーム > 各種データ・資料 > 震源リスト
> と辿ってゆけば、ある一日に、日本で発生した無感地震を含めた全ての地震のリストが表示される
> https://goo.gl/qRVXnk
> 毎日、何百回もの地震が記録されており、これが「強震モニタ(地中)の点灯」のほぼ実体だと思ってもらっていい
>
> ただし、このリストが掲載されるのは、人の目でチェックして「確定値」になってからで約2日遅れとなる
>
> 確定前の速報値(15分遅れ程度)が見たければ、
> http:/
> /eq.ideeile.co
> m/hr/
> あたりを参照するのが良いだろう
>
> 〜〜〜〜
>
> 2)連続波形画像で知る方法
>
> 「連続波形画像」でググってもらえば、国立研究開発法人 防災科学技術研究所による、高感度地震観測網(Hi-net)の観測点(強震モニタに表示される点と同じ)の地震計が捉えた地震波形画像の公開ページが参照できる
>
> この画像に記録された波形の幅の大小が「強震モニタ(地中)の点灯」の色の変化のほぼ実体だ
>
> ただし波形画像の更新は1時間毎なので、直近すぎる時間帯は掲載まで待つ必要がある
>
> ■強震モニタ(地表)
>
> 「強震モニタ(地表)の点灯」とは、「その観測点の地表の揺れを捉えた」と同義であり、地中で発生した地震に加えて人間の経済活動などで発生する人工的な揺れを拾うため、都市部とそれ以外、日中と夜間、とで傾向が違っているのもご存知だろう
>
> 観測点は「強震モニタ(地中)」と同じ782箇所の地表部および、さらにこれに加えて、全国を約20kmメッシュで覆う1,000箇所以上の強震観測施設からなる強震観測網K-NET(Kyoshin Net:全国強震観測網)の強震計が捉えた揺れをその強さに応じて色分け可視化したものだ
>
> つまり「強震モニタで地震を予測する試み」とは、
>
> ・気象庁の「震源リスト」で地震を予測する試み
> ・連続波形画像で地震を予測する試み
>
> に等しいことが理解できただろう
> だから、全く不可能な理由も理解できたはずだ
>
> 逆に、仮にもしそれが可能だとしてみよう
>
> その場合は、防災科学技術研究所や気象庁のスーパーコンピューターが点灯色(揺れた強さ)だけでなく、地震波の波形も含めて大量のデータを解析した材料から予測してくれるから、我々素人が強震モニタを目視で監視したり、素人が予測を立てる必要などない、ってことになる
>
> これは我々が先の天気を知りたい目的で、気象庁が地図上に表示/公開してくれている全国各地のアメダス観測データを眺めてそこから素人判断で予測する必要がない、ってのと同じ理屈だ
勝手に消すな。

ツリー表示

スレッドに投稿された記事をツリー表示しています

  1. NO.89131 2/13長野南部M4、2M3、3と烏 愛知っ子02/13 19:39
    1. ├NO.89209 匿名02/15 06:14
    2. ├NO.89235 トカー02/15 14:43
    3. ├NO.89243 青森K◆4rFr4kVbhdyM02/15 19:55
      1. ├NO.89248 匿名02/16 00:42
        1. ├NO.89250 匿名02/16 01:25
    4. ├NO.89299 Red-Stairs◆sVlWzWwXK5zw02/16 12:05
    5. ├NO.89300 Red-Stairs◆sVlWzWwXK5zw02/16 12:06
      1. └NO.89380 匿名02/18 05:58

今日の前兆報告数

こちらのフォームから地震雲や、地震の前兆現象の報告をすることできます。地震前兆の調査として、毎日の報告数の増減を記録しておりますのでご協力よろしくお願い致します。

東日本

西日本