地震雲

「地震の前兆現象」の目撃情報をお寄せ下さい

スレッド一覧

3

神奈川県での一連の異臭について(その2)

  • NO.108793
  • 千葉のくまさんiYmFiZjIyMz-PC
  • 2020年10月18日09:42
  • 編集・削除

「14日横須賀市内で採取された空気を分析した結果、ガソリンなどに含まれるイソペンタンやペンタン、それにブタンが通常の7倍から14倍の濃度で検出された。今月12日に横浜市内で採取された空気からも同じ物質が検出された。」と報告されました。

横浜と横須賀からガソリン成分が検出されたことを事実と受け止めるなら、これらのガスの発生は自然現象ではなく人為的なものと推定できます。なぜならこれらのガソリン成分が自然発生するとは考えにくいからです。しかし、これらの成分の臭いは「ガス臭い」、「タイヤやゴムが焼ける臭い」、「焦げ臭い」、「ニンニク臭」には該当しません。前回説明しましたようにこれらの臭気は硫黄化合物に由来すると推定できますから。

東京湾沿岸の石油コンビナートから漏れた揮発性のガソリン成分が風向きで横浜や横須賀に拡散したと仮定すれば、この現象は説明できます。原油には硫黄が含まれ、かつてはこれがガソリンの燃焼で排出され都市部で環境問題となりました。そのため、石油精製工場に脱流装置が設置され石油製品から硫黄が除去されています。水素化脱硫装置は硫化水素を生成します。火力発電所では排煙脱硫装置が設置され発生した硫黄酸化物を吸収します。前回説明した様に硫黄化合物を添加している都市ガスの製造事業所も東京湾周辺にあります。工場の脱硫装置周辺ではいわゆる硫黄臭が感じられるでしょう。漏れた硫黄化合物が風に乗り拡散したのでしょうか。そうすれば、昨今の異臭騒ぎで敏感になっている住民が「硫黄臭がする」と通報し、消防署が採取し「ガソリン成分」が検出されたが説明できます。しかし、ガスの分析で硫黄化合物が検出されていないのは微量だからでしょうか、分析法の特性に因るのでしょうか。十分根拠のない推量で該当する可能性のある企業には申し訳ありません。また、無いことを願いますがガソリンを撒く愉快犯なども危惧されます。ここまでは化学の話です。

しかし、それだけでしょうか。ここからは都市伝説的な推測です。最初に異臭が報告されたのは三浦半島突端周辺ですから、これは今回の横浜・横須賀異臭とは異なる理由に因ると考えられないでしょうか。

私自身の体験として2011年3月9日に原因不明の「焦げ臭さ」を感じました。前震の起きた日です。硫黄臭ではありませんが。そして3月11日にも同じ臭いを感じました。翌12日にも。震源と遠く離れているにもかかわらず。不思議に思い、調べてみると地震の前兆現象として該当する臭いの記録が散見できました。そのような経験から地震と大気の臭いには何か関係があるように思っています。

家の周辺を怖いカラス

家の電線周辺カラスが飛び出され怖い。秋だからでしょうか?季節だからかもしれません。此処家に居た時もカラスが少し増えています。夜もカラス居るべきでしょうか。

ネット情報を見回して

動画投稿チャンネルを見渡す限り、どうも怪しい。
100%ってなんだよってな感じです、

今日の散歩で、地磁気に敏感とされるハトを見かけなく、
つい今、気が付きました。(銅像の成分に含まれている元素とハトに関係について)

チャンネル数と視聴数を総計すると、だいたい5000人前後、みなさん地震情報を仕入れて自己判断材料にしているみたいです。

5

神奈川県での一連の異臭について

  • NO.108783
  • 千葉のくまさん4NTA4YTkzYz-PC
  • 2020年10月13日23:42
  • 編集・削除

10月12日の横浜市で採取した異臭原因と予想されるガスについて、「イソペンタンとペンタンが市内の通常の大気と比べて10倍以上、ブタンも通常の3倍近い、エチレンとアセチレンも通常の2倍以上」という分析結果が報告されました。分析手法はガスクロ(GC)かGC-MS(ガスクロ+質量分析)でしょうか。後者なら分析結果の信頼性は高いと思います。大気の採取場所は保土ヶ谷区ということですが、消防士が採取したので消防署周辺やその周辺の道路近辺であれば、未燃焼のガソリン成分が高く観測される可能性はあります。自然界でガソリン成分に相当するガスが複数発生することは考えにくいと思います。したがって、報告された分析結果はこれまでの異臭と関連性が低いか、少なくとも以前に三浦半島や横須賀で感じられた異臭とは異なるものと考えるのが妥当と思います。

「ガスの臭い」は元来無臭の燃焼ガスに付加してあるtert-ブチルメルカプタン、テトラヒドロチオフェン、ジメチルサルファイド、エチルメルカプタンに由来し、ガス漏れを検知しやすくしてあります。これらはすべて硫黄化合物です。人の嗅覚は硫黄化合物にとても敏感です。おならの臭いや口臭も硫黄化合物に由来し、その多くに不快に感じます。細菌による腐敗臭や火山ガスに敏感なように進化したのでしょうか。

「ゴムやタイヤを焼いた臭い」はタイヤを焼くと、二酸化炭素13.3%、一酸化炭素4 ppm、窒素酸化物 45 ppm、塩化水素10 ppm、硫黄酸化物310 ppmと硫黄酸化物の濃度が高く得られるという報告があります。タイヤにゴムに硫黄を加えることで硬さを調整しています。以上から、三浦半島や横須賀で感じられた異臭は硫黄化合物のガスに由来すると判断できます。

「火山ガス」には硫黄成分として二酸化硫黄と硫化水素が含まれますが、これらは水に可溶です。三浦半島や横須賀は東京湾に面していますので、東京湾海底の火山活動に由来する火山ガスの可能性を考えるのであれば、これらの無機性の火山ガスではなく水に難様な有機性の硫黄ガスに起因するか、海底からではなく陸上から発生した硫黄化合物のガス成分に因ると判断するのが妥当と思います。比較的微量でも人の嗅覚には感じられるのでしょう。

そう考えると何らかの地殻変動や延いては地震につながる前兆現象の可能性を考えるのは間違いではない様に思います。

5~8 / 8,080

今日の前兆報告数

こちらのフォームから地震雲や、地震の前兆現象の報告をすることできます。地震前兆の調査として、毎日の報告数の増減を記録しておりますのでご協力よろしくお願い致します。

東日本

西日本