地震雲

「地震の前兆現象」の目撃情報をお寄せ下さい

スレッド NO.89047

5

漁師の話

10年以上前の話だけど、当日千葉の九十九里の海岸イベントで、地引き網を引っ張っていたとき、2〜3人の漁師が雲を指差して「地震が来そうだ。皆に知らせろ」なんて言っていた。ホントかな〜なんて思っていたが、その日東

京も震度5強の強い地震があり、電車が止まってしまい東京には帰れなかった。こう言ういつも空を見て仕事をする人達は地震学者より凄いなと思ったよ。

この話題は「地震フォーラム」へ。

  • NO.89056
  • 静岡の漁師だら。zN2MzZmQ0OG-Android
  • 2018年02月11日19:19
  • 編集・削除

> 10年以上前の話だけど、当日千葉の九十九里の海岸イベントで、地引き網を引っ張っていたとき、2〜3人の漁師が雲を指差して「地震が来そうだ。皆に知らせろ」なんて言っていた。ホントかな〜なんて思っていたが、その日東
>
> 京も震度5強の強い地震があり、電車が止まってしまい東京には帰れなかった。こう言ういつも空を見て仕事をする人達は地震学者より凄いなと思ったよ。
そうさ。この仕事は自然が相手だからさぁ。
南海トラフ?覚悟を決めるら。

> 10年以上前の話だけど、当日千葉の九十九里の海岸イベントで、地引き網を引っ張っていたとき、2〜3人の漁師が雲を指差して「地震が来そうだ。皆に知らせろ」なんて言っていた。ホントかな〜なんて思っていたが、その日東
>
> 京も震度5強の強い地震があり、電車が止まってしまい東京には帰れなかった。こう言ういつも空を見て仕事をする人達は地震学者より凄いなと思ったよ。

その当時の写真はないと思いますが、
どんな雲でしたか?
漁師さんらが
なにをもって
地震が来そうだと判断したのか
教えて頂きたいです。

  • NO.89298
  • Red-Stairs◆sVlWzWwXK5zwzOWZkMmEyMG-iPhone
  • 2018年02月16日12:03
  • 編集・削除

運営者から削除されたようなので、再掲しておく

賢明な読者諸氏におかれては、どんな内容の投稿が

・削除されたか、
・削除されずに残っているか、

を注意深く追跡してみることをおすすめする

この掲示板の開設目的は、都市伝説にふりまわされる情報弱者を寄せ集めて広告収入で小遣い稼ぎをすることであって、「人の役に立つこと」や「地震予知の実用化」ではないことが読み取れるから、利用者各位はその旨承知の上で利用されるとよいだろう

〜〜〜

興味深い情報提供に感謝したい

この手の話は「的中した」「凄い」とはしゃいで終わりにせず、一連のエピソードに含まれるキーワードの事実をなるだけ掘り下げる習慣をつけたほうがいい

まずは、いつのどの地震のことだろうか

311より前に東京都内が震度5強で揺れたのは、首都圏としては関東大震災以後の最大規模であり、多くの被害を出した「2005年7月23日千葉県北西部深さ73kmを震源とするM6.0」の一度しかないし、発生時刻も当てはまるから、おそらくこの地震で間違いないだろう(被害状況など詳しくはWIkipediaの「千葉県北西部地震」の記事参照)

次に注目すべきは

> 2〜3人の漁師が雲を指差して「地震が来そうだ。皆に知らせろ」なんて言っていた。

という注意喚起が、

・いつ頃
・どのあたりに
・どんな規模

の地震を想定して発せられた、と解釈するかだ

地震予知だけでなく天気予報にも共通するが、これらは「必須3要素」と呼ばれている

天気予報なら、発信された情報の中に「今日屋外にいる時間帯」と「自宅〜外出先」という2要素に「何がどんな規模で」起きそうか、が揃っているからこそ、自分自身が発動すべき事前対策として

・荷物になるが、しっかりした傘を持ち歩くべきか
・折り畳み傘程度でよさそうか
・足元はブーツにしたほうがよいか
・防寒装備

などを判断できるが、3要素のたったひとつどれが欠落してもこれらの判断が全くできなくなってしまう理屈は納得できるだろう

もし、この漁師の注意喚起が、仲間の漁師や地元の住民に対して、直ちに漁船/漁具/家財/身の安全の保持を呼びかけたものだったとすれば、九十九里浜付近の揺れはわずか震度3しかなかったし、震源は内房側だから津波の心配もなかった「空振り」だったことになる
九十九里町の場合、21世紀に入ってから311までの間に、震度3〜4の揺れは27回経験しているから、その度にこんな注意喚起を繰り返しているようでは、そのうち「狼少年」扱いされ、誰からも相手にしてもらえなくなってしまうだろう

(あるいは、この注意喚起が、観光地引き網イベントに訪れた首都圏からの客に対して、交通機関マヒで帰宅困難となる前にイベントを中断して直ちに帰宅するよう勧めたものなら「的中」したと言えるだろう)

> こう言ういつも空を見て仕事をする人達は地震学者より凄いなと思ったよ。

空を眺めて天気を予測する経験則的な技術を観天望気と呼ぶが、屋外作業を生業とする人たちは、屋内でばかり過ごす人たちに比べてその造詣が深いことはいうまでもない

だがここから先は冷静に考えてみてほしい

そういう人たちだからと言って、天気における観天望気に匹敵する経験則を編み出せるくらい、地震の経験件数はじゅうぶん蓄積されてきたのだろうか?
誰しも認める「空を眺めてきた経験の豊富さ」と、「地震の経験件数」とは切り離して考えるべき別の話だ

地震大国日本といえども「自分の地域が被害を被った」経験の数は、311と熊本地震の被災地の余震分を除けば、観天望気の豊富な経験に比べれば3桁くらい少ないはずだから「経験則(=統計処理)」レベル未満の「ジンクス」程度の経験しかない

さらにいえば、2005年当時の九十九里浜の漁業従事者なら、地元での被害地震の経験者は皆無だから、雲による被害地震の予測実績を持っていなかった事実も忘れてはならない

もう少し調べてみたところ、九十九里町では問題の2005年7月23日の地震の直前、6月20日と4月11日に震度4、2月16日に震度3という揺れをわずか数ヶ月の間に立て続けに経験した、という前提のあることがわかった

ここから先はオレの推測となるが、2月、4月、6月の地震のいずれかの直前に特徴的な形状の雲を見かけた記憶や印象が新鮮に残っていたところに7月23日も似た雲を目撃し、そのような注意喚起に至った可能性はあるだろう

果たしてそれらの雲の正体が、正真正銘の地震雲だったかもしれないし、単に形状の珍しい雲がたまたまそのタイミングで発生しただけだったかもしれない

その答えを導くには、的中に見える事例を抜き取ってくるだけでは無理で、
「九十九里浜付近では、問題のそれらの雲が、主に地震発生前にだけ発生し、普段はほとんど発生しないのか」
といった具合に普段と対象時期を突き合わせた、過去の発生頻度の比較が欠かせないだろう

> こう言ういつも空を見て仕事をする人達は地震学者より凄いなと思ったよ。

「凄さ」の中身が「空を眺めてきた経験の豊富さ」なら、その通りだろう

「凄さ」の中身が「予測内容」なら、その前に「学者」には以下2種類があることを知っておくといいだろう

地震予知で名を馳せる某有名大学の教授や名誉教授は、いずれも有償メルマガを通じた詐欺行為による金儲け、あるいは、マスゴミを通じた売名行為を目的としており、いずれも「科学的アプローチ」には遠く及ばないから「予測内容」自体がカラッポ、また彼らはいずれも地震学者ではない

一方、まともな地震学者ならば「現時点では、短期の地震予知は時期尚早」と身の程わきまえた謙虚な認識ができており、彼らの現在の取り組みは、将来は地震予知に役立つかもしれない地道な基礎研究レベルにあって「地震学者のくせに地震予知できない」という過小評価は地震学者に対して期待するイメージがそもそも間違っている

ツリー表示

スレッドに投稿された記事をツリー表示しています

  1. NO.89047 漁師の話 Yoshipy02/11 14:52
    1. ├NO.89054 匿名02/11 18:18
    2. ├NO.89056 静岡の漁師だら。02/11 19:19
    3. ├NO.89063 匿名02/11 23:22
    4. └NO.89298 Red-Stairs◆sVlWzWwXK5zw02/16 12:03

今日の前兆報告数

こちらのフォームから地震雲や、地震の前兆現象の報告をすることできます。地震前兆の調査として、毎日の報告数の増減を記録しておりますのでご協力よろしくお願い致します。

東日本

西日本