地震雲

「地震の前兆現象」の目撃情報をお寄せ下さい

No.1778へ返信

はじめて投稿される場合は、こちらのご利用ガイドをお読み下さい。
スマートフォンからご利用の方で、画像投稿が上手くいかない方はこちらの方法をお試しください。

投稿フォーム
画像ファイル

返信対象の記事

Re^4: フィラメント噴出で日本が日中ピンチ

太陽フレアは地震の原因?
結論…関係なさそうだね。というような内容。
↓↓
そうみたいです。
フレアとCMEに整理したら、フレアの後みたいな感じしませんか?
●フレアについて
発生すると、多くのX線、ガンマ線、高エネルギー荷電粒子が発生。またフレアに伴いCME(コロナル・マス・エジェクション)が発生することが多い。高エネルギー荷電粒子が地球に到達すると、デリンジャー現象、磁気嵐、オーロラ発生の要因となる

★フレアの大きさは通常数万km程度、威力は水素爆弾10万〜1億個と同等。100万度のコロナプラズマは数千万度にまで加熱され、多量の非熱的粒子(10keV-1MeVの電子や10MeV-1GeVの陽子)が加速。同時に衝撃波やプラズマ噴出が発生し、地球に接近して突然の磁気嵐を起こす

●ここからCMEについて……
単なる爆風ではなく実際に大規模な質量が太陽から放出されていることが解明され、コロナ質量放出と呼ばれるようになった。
太陽フレアにともなって放出されることが多いものの、太陽フレアより先に起こったり、太陽フレアとは独立に発生することも約半数ある。
★通常のフレアと酷似した巨大X線アーケード構造がみられ、フレアにとは無関係とはいえないともいわれている。すなわち、突発的磁気エネルギー解放(≒フレア)によって巨大X線アーケードも生ずるため、大半のCMEでは巨大X線アーケード現象とともに発生するのでフレアとは因果関係がある、といえる。
★CMEは3部構造、外側がループまたはシェル構造、内側がプロミネンス、その中間が空洞という階層構造をなしている。とくにプロミネンス近傍の磁気構造が螺旋状となっているため、惑星間空間撹乱を引き起こし、これが地球磁気圏に衝突すると、大きな地磁気変動が引き起こされる。
★とくに太陽フレアよりも地球磁場への影響が大きいとされており、地磁気変動の原因である南向きの磁場は上述の通りICME(CMEの成れの果て)の螺旋状の磁気ロープ(ヘリカルにねじれた磁束管)が磁気圏に衝突することによって引き起こされるため、直接被害は太陽フレアに比べこちらのほうが大きいという主張がゴスリングによってなされている

Wikipediaより

今日の前兆報告数

こちらのフォームから地震雲や、地震の前兆現象の報告をすることできます。地震前兆の調査として、毎日の報告数の増減を記録しておりますのでご協力よろしくお願い致します。

東日本

西日本